びっくり県庁

岡山県庁

先日県庁に行った。仕事関係の申請書の提出が目的だったわけだが、パスポートの申請以来の登庁だったように思う。それってもう20年くらい前で(笑)、ハッキリ言って県庁内がどんなだったかも覚えてすらいない状況だった。

場所自体はすばらしく中心部に存在する。旭川のほとり、後楽園の南側である。ところがだ。ここら辺は交通規制もすばらしい。一方通行は当たり前。県庁の駐車場をめがけて三方からクルマが突っ込んでくる。しかも狭く、いつも行列だ。

まぁまぁ100歩譲って駐車場はいいとしよう。庁内はもっとすごかった。非常に低い天井、経費節減のためエレベーターは1基停止。これは旧お好み村?とまで思ってしまった。(わかる人だけわかれ~)

しかも、伺った部署がこれまたすごい。たぶん常設の部署ではなく、臨時だと思うのだけどパッと見4畳?くらいしかない。2人しかいないのにかなりのデスクが押し込められ、パソコンやプリンターが仮設されている。床はほとんど見えない。受付というか書類の山の空き地というかそんなところで手続きした。

これは職員がかわいそうだ!と思った。県の借金の重大さに改めて気づいた。正直そこまでかい!と思った。いやいや、これは市役所の方がよほど立派な作り。いや、ゴージャスと言っても良い。いわば岡山の顔でしょ? こんなでいいのか? 建て替えて欲しいところだが、増税は止めてね。

# こんなサイトまであるのねん :shock:

岡山県の借金時計

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする