サルにもわかるヴォクシー前期後期の差 -TransX編-

さて、早いものでクルマを購入してから約半年が過ぎました。例によって、全然距離は伸びてませんが・・・。まだまだ新車気分は続いていますよ。 :)

購入するとき、年内にマイナーチェンジされるだろうな的なお告げはあったのですが、まさか2ヶ月後にマイナーチェンジ(2010年4月28日)されようとわ!(ずがーん) そこで、人気のサルにもわかるシリーズに則って、解説してみましょう。(但し、TransX)

まず、フロントマスク。かなり、ゴージャス感が漂います。メッキ入れーの、グリル増やしーの。ヘッドライトも下線ラインが変化し、ウィンカーが上部へ移動しています。

ごーじゃすしんぷる
細かい変化すっきりおめめ

リアはテールランプの意匠が変更されています。細かいところでは「バルブマチック」のエンブレムが・・・。そう、後期型から全車バルブマチックエンジン+7速トランスミッションが搭載されたのです。 :evil:

微妙な変化クリアテールはやっぱ明るいボディ色が似合うう、うねれ~
ぷらすまいなす・・・しくしく・・

室内はあまり変化ないですが、メーターのデザインは変わってます。

メーターはシンプルに変化前期の方が細かい感じ

あと、大きい変化はリアシート。前期は固定式でしたが、後期型はシートスライドが付いてます。しかも、シートバックに例のパネルがない! そう、シートを一番前に寄せてシートバックを倒してフルフラット?するタイプに変更されています。これは前期型の勝ちでしょう。これではサーキットで寝れんわ!

ワゴンにかぶれたか!こすとだうん?これですとも!

細かいところでは、TransXは標準ではハロゲンランプですが、HIDがオプションで用意されています。ボクもこれは装備しましたが、後期型はHIDを選択するともれなく「オートライト」になるようです。 :cry:

くやしいぞいーもんいーもん

だいたいわかってもらえましたか?(わからなくていい・・・) では、ごきげんよう。 :wink:

【オマケ】
この天井のラインは8人乗りのセンターシートベルトのアンカーになるらしい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする