思っていたものと違うこと

・・・って、あるよね。思い込みだったり、説明不足だったりとイロイロ原因はあれど、思ったものと違ったときの失望とか、がっかり感たらないね。

先日のこと。

CG-NSC1000GT(NAS)が突然死した。HDDが壊れたわけじゃなくて、ネットワークから突然失踪したのだった。しかし、どんなに手を尽くしても認識しなかったので潔く諦めたさ。既に生産中止だったし、元々の価格が安いので修理に出したら全然割が合わないから・・・。データは救出できそうなんだけど、一番困るのはネットワークプリンターを使えないこと。NASのUSBに接続していたのでこれには困った。で、一時的にオンボロSOTECさんに繋いで、XPに繋がったプリンターをみんなで共有するシステムに変更。しかし、いちいちSOTECさんの電源を入れるのは明らかに面倒だった。

そこで、HDDケースとNASとネットワークプリンターにできる機能を併せ持つものを探し始めた。でも、プリンターも最近は無線LANを搭載している物もあるし、というか、そんなプリンターに買替える気マンマンなので、今のプリンターが壊れるまでの繋ぎでもいいわけで。

この気に便乗して、無線ルーターも買替える案をひねり出す。(さらばWZR2-G300N) WR8700NのUSBにHDDを接続してNAS化という安直な考えだ。ろくに調べもしないで購入したが、無線ルーターに接続できるのはファイルシステムFAT32の1ファイル4GBまでというおぞましき結末。(おまけに1000ファイルまでらしい・・) 1TBのHDDをどないしてくれんねん。

そこで白羽の矢が立ったのが、CG-NUH04G。いわゆるネットワークUSBハブってやつ。USB機器1台に対し、1PCのみ接続可能らしい。まぁそれでもいいか。ちょっとして行き違いはここから始まった。ボクは最大4台のUSB機器をネットワークを介して自由に接続すると思っていたのだが、実は間違いで、簡単に言うと離れた場所にあるUSB機器をPCにUSB接続するのだった。だから、他のユーザーが使う時にはいちいち接続を切断しないと使えないし、また接続しないと使えないということだ。まぁだから、スピードが出るのだろうけど、ここんところを完全に読み違えていたわけさ。そりゃまぁ、複数のパソコンを同時に使って接続する訳じゃないからいいといえばいいのだけれど・・・。

【後日談】
どうしても会社からは自宅の外付けHDDに接続できない。検索しても存在していないという・・・。おそらくだが、距離が長すぎるからではないだろうか? 50mのLANケーブルで繋いでいるからなぁ。

どうも目先の金額に踊らされて、安易な製品に飛びついている。やっぱりOS入れてホームサーバーを立ててみたいなぁ・・・。 :wink:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする