サルにはむずかしいかもしれないFRP補修

せっかくのツーリング日和ですが、嫁さんから仰せつかったミッションを遂行します。 8)

そのミッションとは、衣装ケースのフタがことごとく割れて、このまま放置しておくと使い物にならなくなりそうだから、オマエなんとかしろという指令です。かなり前から指令は受けていましたが、ボクもボクなりに忙しいのでした。手っ取り早く買い換えたら?とか思うのですが、やはり何個も買うと結構お高くなる→そこで安いケースを購入→素材が薄い→やっぱり割れる・・・という無限ループに陥りそうなので何とかしてみます。

左側の上下ねやっぱテープじゃもたんね

なんと6個もあります。酷いのはウチ2個で、1個はフタにくっついていません。アルミ風テープで補修しましたが、やはり重量に勝てないようです。これをFRPで補修しようと思います。FRPを扱うのはこれで2回目。w さて、うまくいくのでしょうか?

ガシガシ削る

テープを剥がして、#60くらいの荒いペーパーで磨きます。磨けたらパーツクリーナーでキレイキレイ。

補修箇所よりグラスウールを大きめに切ってあてがっておきます。硬化剤を混ぜた樹脂は思いの外早く固まるのでちゃっちゃっとしなければなりません。

うっかりするとこうなります。(でへ)

硬化剤が多かった・・・

材料のみのFRPキットを購入したので、用具はありません。捨てる手前の秤、紙コップ、割り箸、激安の塗装用刷毛で乗り切ります。やってみてわかるのは、正確な計量。樹脂に対する硬化剤の量はとても重要です。少なすぎず、多すぎず・・・ですな。そして、グラスウールに樹脂を塗り込み、エアを抜く。これがむずかしい。フタは・・・特に角だし・・・平面がありませんから、グラスウールに切れ込みとか入れて形状に沿うような工夫も必要です。

見栄えは関係ないからねーw

手早くやっていたので画像がないです。これでバリとか削ってなんとか完成です。なかなか丈夫そうですよ。でも、弱いところに負担がかかって(ry

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みなみ より:

    うちはボール紙ですにゃ。
    これがけっこうもちます。
    紙でそれなりに扱うからかもですが。
    以上 タッチからでした。

    • Masayan より:

      touchからコメントしたいだけじゃなくて :?: ww

      紙か。うーん、これね、押し入れに入れっぱなしじゃないんですよ。っていうか、移動用。かなり手荒く使われているんですよね。濡れることもあるしで・・・。まぁ、FRPの練習にもってこいだし。 :mrgreen: