ついに自作パソコンに手を出す

何歳になっても初経験ってあるもんですねー。

クーーーール!

自宅のメイン機を会社に投入してから、その速度に慣れてしまってそれ以下の性能のものでは苦痛でしかたくなりました。会社に回したものでさえ、3年前のモデルなので今から比べるとそんなに速いわけでもないと思うのですけどね。どうせ買うなら、ずっと夢だった自作機を作りたいと思ったのでした。

初めのわからないことはどうやっていろいろなパーツを選んだらいいのか?ということでした。用途とかあるのでしょうけどやっぱ「カネ」・・・「ゼニ」ですわ。(笑) 予算に応じて組む以外ありませんでした。CPUをインテルかAMDかで決めてあとは性能と予算で機種が決まると、そのソケットの種類からマザーボードは限定されてくる。これまた性能と予算、好みのメーカーから機種を選んだらもう半分は済んだも同じ。マザーボードから電源容量とかわかるのでそれを参考に決めて、メモリーもマサボから種類が決定するのであとはいくら積むかだけ。光学ドライブと必要な付属品(ボクはカードリーダーをつけた)、ケースですね。一応最初からMicroATXとは決めてましたが、大きさは制限なかったのでケースは最後に決めました。(実際は売れ筋から無難に選択したような・・・)

田舎なもんでネットショップで購入。ポチッてから2日で揃いました。 :shock:

2番目にわからなかった・・・というか怖かったのが、CPUの取付。なんかひ弱な剣山をマザボにつけるのが怖くてしょうがなかったのですが、実際にやってみると一番簡単だったかもしれません。CPUはBOXで購入だったのでクーラーもついていたし、なによりグリスとか必要ないしで妙に簡単。

3番目にわからなかったところがマザボの配線。でも、これも説明書とにらめっこしていたらわからない箇所はそうはなかったです。配線をまとめるのはうまい(笑)ので、これで完成。実は一番怖いのは通電だったかもしれません。ファンが全部回っているのを確認して蓋しました。

これがすべてCPUだけセットしたところ結構あっという間だったり・・・

OSはubuntuにしたので、インストール。最後にレンズの汚れで読み込み不良になり転けるのにはびっくりしましたが、レンズをクリーニングしたらOKでした。(なんでやねん)

今度はNAS機を激安で(Atomで)作りたいですねー。 :)

CPUAthlonⅡ X4 640 BOX(ADX640WFGMBOX)
メモリPC12800 DDR3 4GB 1600MHz JEDEC (2GBx2)
HDD0S02601(3.5/1TB/72r)
カードリーダーFA506(B)/BOX
光学ドライブAD-7240S-0B/BK
マザーボードM4A87TD/USB3
ケースGZ-AA1CB-SNB
電源EARTHWATTS EA-650
合計¥50393
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. しぐ より:

    おめでとうございます。

    習うより慣れろでしたよね?。
    OSは32ビットでしょうか?3.25GBまでしかメモリー認識しないので
    BIOSにて内蔵グラフィックの設定でメモリー容量を振れるだけ振っておいても
    そんはないと思います。

    そんな自分は未だにメーター完成せずorz

    • Masayan より:

      しぐさんに背中を押してもらったからかも。 8)

      ubuntu のシステムモニターによると3.9GB認識しているようです。
      早くubuntu10.10日本語版が出ないかなー。 :)

  2. ひろまさ より:

    キタ! ぼくの PC よりずっと速い。。 うらやましい。。 :sad:
    ささっている謎のエロそうな PCI カードはなんでしょう!!

    • ひろまさ より:

      ぴこん。追伸。
      CPU界の YAMAHA、AMD の世界にようこそお越しくださいました。 :D

    • Masayan より:

      師匠が新調したのも結構最近だったというのにこの進化、ついていけませんわ。w

      ささっている謎のエロそうな PCI カードはなんでしょう!!

      見るよね~。 :lol:
      前から使っているグラフィックカードです。オンボードのものでもいいんでしょうけど、やっぱlinuxにはnvidiaでしょ?ということで・・・。 8)

  3. Toru より:

    AMDだー  :wink:
    僕のはPhenoIIの4コアです。