オレンジ色のアイツがやってきた

友人がアメリカへ3年(予定)の単身赴任へ行くことになった。周りにバイクを任せられる(時々乗って調子を維持する)ような人がいないというので、ボクが預かる事になった。まだ、工場内に置くスペースがなんとかあるので引き受けた。

いらっしゃーーいw

一度だけ一緒に走ったことはあるが、楽そうなポジション以外はどんなバイクなのかさっぱりわからない。

車名KAWASAKI ER-6nYAMAHA TRX850
エンジン形式水冷4ストロークDOHC8バルブ2気筒水冷4ストロークDOHC10バルブ2気筒
総排気量649cc849cc
最大出力72.1ps/8500rpm83.0ps/7500rpm
最大トルク66Nm/7000rpm84.3N・m/6000rpm
全長×全幅×全高2,100×760×1,095mm2,070×705×1,155mm
シート高785mm795mm
乾燥重量174kg188kg
タイヤサイズF:120/70ZR17、R:160/60ZR17F:120/60ZR17、R:160/60ZR17
価格798,000円850,000円(当時)

スペックは結構似てるんだよね。重量は14kgしか違わないんだけど、押すとそれ以上の差を感じるほどER-6nは軽い! :shock:

2010年12月19日 ODO 9,550kmにて預かり。一応メンテナンス一切(車検含む)を任されたが、その報酬として自由に乗り回すことを許されし候。w

久々に事件です。クルマだと一部のスポーツカーしか「違う」クルマとして認識できなくなっているボクだが、バイクは違う。そうやすやすと違う種類のバイクには乗る機会がないので超新鮮。これから初めて乗る印象で今後がどう変わっていくか? 同じオンロードバイクだけど、まったく性格が違いそうなこの2車種だが、長距離ツーリングはER-6n、近場ウロウロはTRXみたいな気もするけど、果たして!?

※ もうすぐスリップサインが出そうなタイヤが当面の問題・・・ :!:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする