踏み出す勇気が必要ってことね

あぁ、金だけがすべてじゃないとわかっていても、やはり先立つものがないと何も出来ないわけで・・・。 :cry:

そろそろTRXのタイヤが危ないし、今度こそ調子が悪くなったらキャブOHは避けられなさそうだし、バッテリーは車輌購入後交換してないのでそろそろヤバいはず・・・。なんて考えてたら、いくらお金があっても足りやしない。その間も消耗品である油脂類のコストも加わるわけで・・・。(おまけにER-6nも預かってるし・・)

そのうえにスペアカウルが欲しいだぁ~? どういう了見でい!(苦笑) 今度こそ、塗装はガン塗装とか敷居が高杉だろう? 得体のしれんガンがあるだけで後は何もないじゃないか・・・、でもやってみたい。プロにお願いしてやっていただいた方が最終的に安くつくのはボクもわかっています。特に塗装系はね。

ボクの理想はすべてのメンテナンスを自分で行うこと。もうボーリングからやってしまいたいくらいです。(無理!) もうバイクは買い替えない(たぶん)ことが決定しているんで、TRXに特化した職人を目指したいんですね。コレは改造ということではなく、いつまでも新車時の性能を維持することを目指しています。相当年数経過すれば、製造中止になるパーツも出てくるでしょうから、それを自分で作り出すことも含まれているので、かなりのスキルが要求されます。

よくよく考え直すとその作業中は早く乗りたいし、つらいし、めんどくさいし・・なんですが、なにかしら楽しんでいるのかもしれないなと。うまくなるにはまず失敗から。まずは始めること、やってみたいと思うことが重要なのかもしれません。

と、自分を何とか納得させないと前に進めないMasayanでした。 :lol:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする