バリオス、再び

もう完調かと思われているかもしれませんが、バリオス君はまだまだ突っ込みどころ満載です。

実は先日のツーリングで850cc、600ccを差し置いて、14km/Lという燃費を記録。近寄ると常にガソリン臭く、6速6000rpmからボコボコと加速しないという有様。親父2人は「バリオスどげんかせんといかん」プロジェクトを発動。どうせキャブが原因なので、webパーツ検索でサクサクとお見積もり・・・。

Oh! のぉ~w

危なそうなパーツを拾うと軽く40Kくらいかかりそうです。さすが4発・・・。 :shock:

そこで、プロジェクトは禁断の某オクでウォッチを開始。上物だと落札価格は20K越えとかするんすよ。でたまたま、即決4500円の中古キャブを「ボクが」見つけたので、それを手配させました。

で、朝駆けの後に整備開始。

ネイキッドは簡単でいいやね

見るからに怪しげなそのキャブは大方の予想通りの代物でした。

1年放置だと・・・

5年放置の車両から取り外していて1年放置なのか?というほどガソリンは腐ってました。コレをベースに2コイチにする目論見はまんまと外れ、逆に現車輌のキャブをベースに2コイチすることに・・・。ばらし始めると見たことないステーとか付いていて、現車のキャブがいかにいかがわしいモノか証明してくれます。(苦笑) ジェットニードル、メインジェットホルダ、パイロットスクリュー、フロート、ニードルバルブを移植。JNが一番怪しいと思っているんですけどね。

2コイチの残骸・・・

途中キャブクリーナーが切れて買いに走るという裏技を披露しつつ、完成。あまりにエンジンがかからないので冷や汗が出ましたが、なんとか始動。親子で入れ替わり立ち替わり試乗に出かけます。

無事完治致しました。

燃費はまだ不明ですが、谷はなく、6速6000rpmの問題も直ったらしい。そこらで2、3速で引っ張るのは怖いほどらしい。あー、気持ちいいねぇ。直ったときならではのこの感じ。でも、エンジンが完調になると今度は足回りに不満を覚えそうな悪寒が・・・。w

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする