続々々々々・H42Aレポート

さて、あれから燃費観察を続けてきたわけですが、やっと傾向がハッキリしました。正常な状態を保てば、街中走行で満タンギリ300km付近です。長距離を走れれば300km+αは確実なところまで延ばせます。

ところが、エアコンを使用するとがくっと落ちます。満タン250km付近でしょうかねぇ。極めて、コンプレッサーの負荷によるパワーダウンは激しいようです。これについては添加剤がいろいろと出ているので試してみたいところです。噂によるとWAKOSのPAC-R パワーエアコンレボリューションがいいとか・・・聞いております。お試ししてみたかー。

ところで、最近になって朝一番の始動でアイドリングしなくなりました。チョークが効かない感じでよくいってもどろんどろんと止まりそうな感じ。大抵すぐエンストしますがね。また、燃費もここに来て落ち始め、11km/l台に。

どーしたんだ!へへへーい!

笑)

燃費が悪い、燃料が濃い気がする、アイドルアップしない時はスロットルボディを掃除してみるといいかもしれませんよ。 8)

もちろん、あれ以来スロットルボディは小まめに掃除しております。おりますが、効き目がない。せっかく見つけた方程式は崩れ去ってしまうのか?

スロットルボディについているソレノイドバルブを外したところ、堆積物があり、バルブ自体も動きが悪い様子。きっちり掃除して、奥義「ゾイル攻撃」を喰らわせたところ見事完治。ポイントはここであったかとハタと額に手を当てたわけでございます。w

ここが「キモ」なのか?

要するにホースを外して、キャブクリーナーをかけるだけじゃダメってことだ。その成分が故にノリ状になって動きを悪くする場合がある。特に通路が狭まっているからなおのことであるわな。

しかし、リーンバーンエンジンってやっかいだなぁ。 :!:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)