頭文字G

イメージですw

今日も朝早くからいつもの峠に向かう。準備はいつも前の晩に行っているので、弁当を持って出発だ。峠までの通勤ラッシュの一般道がうざったい。欠伸を押し殺しながら、日常をやり過ごす。幹線道路を逸れて、峠に向かう道に入るが、コースまではそこそこの距離がある。農村地帯を抜けるが、道は狭く対向車との離合に気を遣わされる。

峠のコースはアップダウンがキツく、高速コーナーが多い。愛車H42Aでは上りがいかんともしがたく、2速全開を強いられる。本家Dの拓海は、紙コップの中に水を入れ、ドリンクホルダーにセットして、ドリフトしながら紙コップの縁を水がぐるんぐるんと回るように走っていた。しかし、オレは違う。トランクに積んだキャビネット工具箱が左右に滑らないように走るのだ。滑らせないようにはしているが、中の工具が暴れてがちゃがちゃとやかましいのが玉に瑕。ちょっと熱くなってくるとすぐにずるっと工具箱が動くので、ハンドルを戻して横Gを抜くのがコツだ。しかも、非力なH42Aは50km/hを切ると加速しなくなるので、速度調整に気を遣わなければならない。

しかもだ。コースは3月中旬だというのに、雪があった。早朝の気温は0℃。凍結にも注意しなければならない。純正サイズのタイヤはもう5年もので、トレッドはひびだらけだ。さすがにもう交換時期だとは思うが、オレはコイツの限界を引き出してやるぜ。

そうして、明日も孤独な戦いは続くのだった・・・。

注) 頭文字Gが、グリップの「G」なのか、ぎりぎりの「G」なのか、ジジイの「G」なのか、知るものは多くない・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. wokamoto より:

    ジジイの「G」に一票

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)