2012 初乗り

ノーマルもいいやね

今さらですな-。1月は例年もですけど、寒いしなにかと忙しくて乗れないのはわかる。が、今年は2、3月も異常に忙しかったせいで、4月にやっと初乗りでした。

もう昔すぎて忘れそうやったけど、リアサスOHとか諸々しているんだよね。その辺を確かめにアンド自分の慣らし運転へ、日も高く上がった9時頃出発。お接待ツーリングコース+αで行ってみます。

先週、ERさんを車検に出すために乗ったのが実質上の初乗りだったんだけど、ERさんは相変わらず乗りやすくて、まるで違和感なかった。しかし、自分のバイクであるTRXは、その感覚が残っていたか違和感があった。なにこのシートの高さ。このシートの硬さ。ハンドルの低さにステップがえらい後ろじゃん。なんだかんだ・・・。

それは街中の印象。いったんお山に入れば、その印象は安心感へと変わる。なにこの乗りやすさ。マフラーは車検のためノーマルに替えてあるけど、かなり下から力がある。静かだしねぇ。今日はとにかくタイヤの接地感を感じる。いいわぁ~。w

例の広域農道からかぐら街道へ抜けたのですが、去年の通行止めは解除されていました。よしよし、あの親子を連れてこなければ!w

その後、だんだんとTRXに物足りなくなってくる。なんか上の鋭さが削がれている? 静かすぎてどんだけ回ってるかわかりにくい? それよりなにより、例の30~35km/h(減速時のみ)のハンドルに伝わる振動が前より大きいじゃねーか! なぜか静かになった分、よくわかるようになった感じなのです。集中的にトロトロ走って解析した結果、その間少し音も出てる。発信源はやはりフロントっぽい。ブレーキを引きずっても感じる。頼りない記憶を辿っていくとこの症状が起きたのは、パイロットロード3に交換してからだったということを思い出した。もう一回外して組み直してみるべか?!

などとつらつら考えつつ、帰ったのでした。 :!:

【本日の総走行距離】 約180km

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする