外観と実力

メニエールが完治して以来、時々起こる耳の閉塞感と変な聞こえ方。特に春先によくなるんだけど、これが日常生活には支障はないけど、聞こえ方がおかしいのでだんだん頭が痛くなってくる。それに音楽を聴くとすべて音痴に聞こえるオマケ付きなので、CDとか音楽番組を聴いても雑音にしか聞こえない。

今年もこれになった。もうかれこれ1週間になる。いつもは近くの耳鼻科にいくのだけど処置がいつも同じでなかなか直らないので、セカンドオピニオン的なことをしたいと思っていた。ネットで検索とかもして同じような症状を見つけて以来、なんだかそれにしか思えなくて、その症状に詳しい病院にかかろうと決めた。検索すると上位に出てくるなかに岡山の病院があった。コレはラッキーだと思ったさ。ここからは小1時間かかるけども県外とかよりはよほどいい。

もう我慢の限界だったので、診察してもらおうと行ってみた。 :wink:

この漢字は見ないなー

やっちまったかーw

入るまでに5分は悩んだ。これは大丈夫だろうか?と。大変失礼ながら、きっと高齢な先生に違いない。医療器具も遅れてそうだ。どうせ、聴力検査から始まって今までの経緯を話さなければならないのにはたして理解してくれるだろうか? いろんな考えがぐるぐる回ったが、なんせ小1時間かけてここまで来たのだからと門をくぐった。

普通9:30くらいだと待合室はごったがえしているものだが、ここは閑散としている。これまた、大丈夫だろうか?という気持ちに拍車をかける。まぁその、腕が悪くて閑散・・・みたいに思うじゃないですか、失礼ですけど。ここらでネットの情報だけ鵜呑みにするのは危ないなーと思いました。でも、どう判断していいのか? 病院選びは難しいです。

まず、聴力検査。いつものことですけど、ボクは左耳が聞こえないので説明が面倒です。聞こえないんだから検査なんてしなくていいのでは?といつも思ってしまいます。それから先生の診察です。予想通りというか白髪のおじいさんです。しかし、やたら眼光が鋭い。ボクが症状を訴えると難しいことをいいよる的なことを言います。ボクは詳しく言った方がいいのかなぁと思っただけなんですが・・・。ボクが思う病名を言ってみたら、そんな顔には見えないなーと言います。(これが地雷だったのかもw) 思わず、顔でわかるんですかーと言ってしまいました。w そして、左耳のこと、メニエールのこと等を伝えます。どうもボクが関わったすべての先生と面識があるらしく、電話でカルテを送ってもらってくれ(しかも上から目線でw)と指示していました。

とにかくこの先生、怖いんです。昭和の先生って感じ。昔はいらっしゃいましたなー、こんな先生。懐かしいと同時に非常に安心できました。なぜだか信頼できる先生だと直感しました。病院でこんな感情はあまりないです。思えば最近の先生はなにか頼りないからなんだろうかと思います。

最後に精算の時、看護師さんが(初診だったので)診察券を渡すときに「もう入らないですね。」と言われた(一応もらいましたが・・・)のがまた印象的。明らかにボクはよそ者だったし、前の先生に診てもらえと言われましたけど、病院も商売じゃないですか。その姿勢にプロフェッショナルを感じましたね。と同時にこの病院はこの地域に根ざした存在なんだなと思いました。

設備や病院の外観で選ぶもんじゃない。そんな目先のことじゃないんだなと。まだまだ、町医者も捨てたモンじゃないなと思いました。(失礼)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする