5mmで変わる、世界が変わる

さて、進化具合を確認しよう。

出かけてすぐの最初の交差点でわかった。えらい曲がる。w というかバイクが軽い。というかこれが普通? とにかく前はかなり鈍い感じで曲げることを常に意識していなければならないが、5mm突き出すとかなり変わる。前にこんなことがあったけれども、このときくらい違う。確かに足回りで5mmとかすごい調整量だと思うけど、鈍い人なので極端に振ったほうがわかりやすいのよね。

タイトターン対策だったわけだけど、すべてが変わる。ちょ、そんなわけないでしょと思っているそこのkurokiさん(笑)、ホントですよ。高速というか中速コーナーでも目線だけで曲がっていく。とにかく軽い感じ。いつもの感覚で行くとインに付きすぎて怖いわ。w

缶コーヒーのホットも捜さないとない季節になってきました達筆ですなぁ

今日はいつものコースを変えて、東に向かってみた。R374からR179に入り、県境のタイトターンで確認だ。タイトターンがあったのは覚えていたけど、あんなに短いとは驚きだった。最初は様子見でほどほどに走り、コーナーのRを確認。Uターンして再度走るも車に行く手を阻まれる。が、ここでまた新たな発見。30km/hくらいの低速でコーナーに侵入していくとバンクが始まると同時に舵角がつく。いわゆるセルフステアってやつ。今まで感じなかったほどの舵角。今までは曲げようとしてもアウトにアウトにはらんでいったが、そんなこともない。以前はレールの上を走っているようで、ちょっとでも進入が速かったら、とたんに曲がらない印象。無理が利かなかったものだが、今度は余裕がある。

ちなみにフロントは伸び減衰を1段強め、リアはイニシャルを1段上げて跳ねないように減衰は落としてある。昔はガチガチに固めて走ってたが、今はソフト目なセッティングにしてあった。もしやこれは後ろ下がりな姿勢?とか思い、修正したのだ。まぁ一気に変えすぎだろうとは思ったが、なんせ鈍い人なんでかなり変更して試走に望んだ次第であります。

これでしばらく走り込んでみます。 :)
あそうそう、ハンドルアップスペーサーはわからん! 15mmアップしたら楽かと思ったが、ぜんぜん変わらん。w

【本日の総走行距離】 約206km

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kuroki より:

    ほほー、そうですかそうですか。
    kuroki号の突き出しも変更してみようかなあ。
    でも、せっかく今の状態に慣れてきたので、変えちゃうと感覚が変わってしまう…わけないですねw

    • Masayan より:

      きっともっと楽しくなること請け合いです。 :o
      100万円かかるとか言われたら引きますが、なんせ5mm(好みですが)動かせば、違う世界が開くのですから・・・。

      お待ちしています。 8)