MOSキャリパーの複雑怪奇

ちょっと調べ物をしていて発見したこと。

対向4ポッドキャリパーの欠点は部品代だった・・・w

ボクのTRX850はフロントのブレーキを頂き物のMOSキャリパーに交換しているのですが、そろそろOHを考える時期にきてましてパーツリストを漁っていました。というのも、頂き物ということもあり、装着車輌が98yくらいの「XJR1300」ということしかわかりません。装着時にもシールは交換しているので、同じものを交換すればいいのですが、プレストのパーツリストを見るとXJR1300って海外仕様もあるじゃないですか。

XJR1300国内仕様(98~99y)
4HM-W0047-50 ¥2,720-×2個 、 4HM-W0047-60 ¥2,720-×2個

XJR1300海外仕様(99~02y)
3MA-W0047-10 ¥2,321-×2個 、 3GM-W0047-10 ¥2,195-×2個

となっていました。で、プチパニック。w
これは、どう違うのか?と・・・。

ネットで検索すると、ピストン径が違うらしい。

4HM-W0047-50 → φ34 、 4HM-W0047-60 → φ30

3MA-W0047-10 → φ30.2 、 3GM-W0047-10 → φ27

こりゃ、ぜんぜん違う。で、ボクのキャリパーのピストンを計測すると後者となりました。(ほっ)

ちなみに、R1(海外仕様)では02yからピストンがアルミ製になっているらしいのですが、シールは・・・・

5PW-W0047-00 ¥903-×2個 、 5PW-W0047-10 ¥903-×2個

なんでこんなに金額が違うのよ! 旧車の維持費ってお高いのがよくわかった今回の調査でした。 :cry:

※ もう一つちなみにXJR1300国内仕様も00y以降は、3MA&3GMのタイプに変更されていました。見た目が同じだけにややこしいですわな。
※ 09y以降のR1(国内仕様)は6ポッドなんだけど、それでもシールの金額は安いのだった・・・orz

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする