初夏、魅惑の島巡り

実際には魅惑かどうか、定かではありませんが・・・。w

先週ついに梅雨入りした我が地方。しかし、どうみてもこの日曜は晴れそう。これを逃すと梅雨明けまで走れないと思ったら、どうしても走りに行っちゃいますわね。

ボクの中では、初夏と言えば「島」なんです。なぜかと聞かれると答えに窮しますが、なにはなくとも島なんですな。(殴) ここでいう「島」とは、呉市の南にある倉橋島、東能美島、西能美島、江田島であります。学生時代に時々来ていて、なんとなく。(苦笑) 道は細いけども、海岸線で気持ちいいのであります。

とにかく、朝が勝負です。プランは、R2からR185で呉市入りして音戸までたどり着き、倉橋一周して江田島回れるかな?的なアバウトさ。これが一人ツーの醍醐味でしょうか?w あとは、ごそごそ弄ったバイクの挙動確認ですな。(ホントはこれがメイン)

6時半に出発。ジャケットのインナーはつけたままです。まだメッシュじゃ寒かろう。R2も学生時代は死ぬほど走りましたが、バイパスがかなり出来て昔の面影がなくなりつつあります。なかでも好きなのが、下り限定ですけど尾道バイパスを降りて三原市に入るまでの海岸線。渋滞したら最悪な道なんですけど、流れている分には気持ちいい。バイクは乗用車より着座位置が高いので堤防の外の海が見えるんですよね。潮風に混じった磯の香り。牡蠣が食べたくなります。(笑 それを言ったらR185の水産物屋通りの誘惑には勝てないかもしれませんがね。

呉市内を抜けるのに嫌気が差したので、県66で音戸に抜けてみました。初めて通ったような、昔通ったような・・・。学生時代は先頭を切ることがなかったのでまるで道がわかりませんでした。今になってあの頃の道を復習している気分です。

音戸さん、おっはーw

音戸のパーキングに到着したのが10時前くらい。お茶を仕入れて、倉橋一周に望みます。島って交通量が少ない気がしますけど、ホントは結構多いんですよね。道も細いので注意が必要です。出発して早々、バイクを止めました。暑いんです。もう耐えられません。ジャケットのインナーをはずしてメッシュに変更です。

ひゃっはー、すんごい涼しいw

そら牡蠣もおいしいw飛び込みたい鄙びた感がまたいいんだな

海岸線は釣り人との闘い?です。結構派手な音がするTRXですから、大抵こっちを見られます。まぁボクとしてもどうしようもないので足早に通り過ぎるだけですが・・・。(苦笑) しかし、海がキレイですなー。色合い、透明度。日常にない世界にトリップするのって、ストレス解消ですよね。

早瀬大橋をバックに

またしても迷子になりながら、一周して江田島に入ります。時々「えだじま」って言う人がいますけど、「えたじま」ですからね。(すいません、ウチの親ですw) こっちはかなり都会チックです。道も広いし、店も多い。一周して西能美へ行こうかと思いましたが、疲れたのと無給油で来たのでガソリンがピンチです。呉市内に戻って、給油後灰が峰へ向かうことにします。

どひゃーーん

見ろ、街がゴミのようだ(殴

今年の灰が峰は酷いですねぇ。雑草だらけで両路肩は落ち葉だらけ。1.5車線が完全1車線分くらいしかありません。しかも展望はかすんでるし。やっぱり、景色は冬ですかなぁ。

TRXの調子ですが、上々です。ひらりひらりが復活。5mm付き出しが効いています。前回のサスセットより今の方がいい。リヤが跳ねていましたからね。あと、空気圧を変更したのも違和感ありません。(F→2.4、R→2.25) でも、30km/hくらいのあの不具合は完治していません。リアキャリパーでもなかったわけです。やっぱり、チェーンか・・・。資金不足なので、すぐには交換できません。みなさん、サイトに来てアフィリエイトリンクをクリックしてください。(泣)

帰りは高速で、ばひゅーーんとな。久々気持ちのいい疲労感に包まれました。 :)

【本日の総走行距離】 約480km

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フク より:

    なんでうちによらないでゲソ?すごくひまにしてたじゃなイカ!