5日と7時間

127時間という映画を見ました。

事前情報は断崖と実話。実はこう見えて(どう見えてんだか・・)山登りが趣味だったので、興味を惹かれました。ボクが映画を見るのはこれくらいの情報で十分です。あまり内容は知らないほうが・・・ね。

主人公は序盤であっけなく事故に会います。最初はおちゃらけたヤツだなぁと思いましたが、どんどん話に引き込まれていきます。ネタバレとかはしたくないですが、最後はちょいエグいです。それなりの覚悟を持って見たほうが身のため?です。ボクは見てられませんでした。(まだゾクゾクするわ)

果たして、こんな状況に陥ってボクに同じことができるか?と言ったらそれは「NO!」です。きっと無理でしょう。まぁ、そのときボクが狂っていれば別でしょうが・・・。

しかし、今でも山に入って楽しんでいるというのはすごいことです。 :shock:

127時間 [DVD]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななせ より:

    私も見ながら、何度目を瞑った事か ^^;
    「生きる」強い意志を感じる作品でした。

    • Masayan より:

      ななせさんも見ましたか。 :idea:
      壮絶でしたねぇ。
      ボクは自分に「あれだけ生きる意欲があるか?」と問いかけたところ、自分にあっさり「ない!」と言われました。 :sad:

      ホントにすごいわ。