静かなる恫喝

昨日、とあるメーカーの講習会に出席した。この会社の製品を取付している業者を集めて、取付、不具合や新製品の情報を共有し合う会合だとボクは思っていた。このご時世で仕事が減りつつある中、いろんなものに手を出すのはもはや仕方ない状況なのだ。そのためにも情報は収集しておかなければなるまい。

会場は、利便性の良い駅周辺で一応中・四国エリアの講習会なのだが、集まったのは10人弱で、メーカーの講師は一人。まぁまぁ商品がかなり高額で企業向けなのでそんなもんか。丁寧な挨拶で幕を開けた講習会であったが、果たしてその内容はそう贔屓目に見ても苦情でしかなかった。技術を向上できるような情報は30分もなかったろう。

とにかく、ここ半年の全国統計によると取り付けによる不良率が高くなって、10%に迫る勢いだとか。そのたびにユーザーからお叱りを受けるのはそのメーカーさんなのだから、愚痴りたいのはわかる。とにかく、初歩的なミスやらが多いらしく説明してくれるのだが、内容的には素人に教えるようなこと。どんな会社に依頼しているのか逆に問いたい。orz

技術的な話だけならともかく、アポイントの仕方とか言葉遣いとか、情報管理とかまでグチグチおっしゃる。ボクがミスして怒られているならわかるが、まだしていないミスに対してまでグチグチ言われているかのよう。徐々に気分が悪くなる。しかも、2時間半の予定を(愚痴で)1時間伸ばすとかどうなのよ?

愚痴とか書いたけど、内容的には「恫喝」である。丁寧な言い回しの恫喝。今までは面倒見てきたけど、あんまりひどいようならアンタらに負担してもらうよ的な・・・。いやいや、オタクらが年に何回も仕様変更するから現場が混乱するんじゃないか。具体的な説明はしないで、ボクらに任せて失敗したら「常識でしょ!」とかいう。どうも半端な企業さんやね。この説明会の資料も手配ミスで配布されていないし。

始めと最後は頭を下げてご丁寧に「我々製品の拡販にご尽力・・・云々」とか言うけど、ホントはそんな事思ってもないくせに。そんなだから、腕のいい会社は協力してくれないんだわさ。

※ 内情を知ってからはあまり仕事を請けていないけどね。 8)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム