Okayamaシートコレクション

ファッションショーの開幕です。(殴

2年ほど前にシートを加工してもらってたのですが、それ以降バックステップ風味にしたり、ステップバーを替えたりでどんどんポジションが変化する中、これで純正のシートに変更したらどんな風に(乗り味が)なるのだろう?と思うようになりました。

バイクって、重心が下がればいいという乗り物じゃありません。足つき性がいいに越したことはないでしょうが、今のポジションはハッキリ言って膝の角度がきつく、長距離は少々しんどい。これを逆にシート高を上げれば、倒しこみや膝の曲がりも変わるはず。

そこでわらしべ長者となり、手持ちの誰かがした下手くそアンコ抜きシートを売って、ノーマルシートを手に入れてみました。 :wink:

前後セットで入手できたが・・・破けてたりはする

どうも長期保存されたものらしく、表皮はカチカチのつるんつるん。もしこれでいくなら張替え必至だけど、とりあえずこれで乗ってみた

ステップの感じもいいし、シートの高さもいいと思う。前に加工したのは、ズルズルとズレるのが嫌で傾斜を平面にしてノンスリップの表皮に替えた結果、アンコ抜きになっただけであって、単にシート高を下げたかったわけではないのですがね。いやいや、これはこれで表皮を変えて、乗り比べとかも面白い。

これだ!

トップバッターは、その名も「ハイパーグリップ」という素材で仕上げた前後ペアです。これからの主流になる予感。真面目な話、フロントは初めて張り替えたけど、難しいね。曲率が半端ない。かなり引っ張ってテンションかけないと皺になるわ。

ハイパーグリップよさげ

続きましては、今までの主流「ディンプル」。この素材も滑りにくいという謳い文句でしたが、少しばかり実感できず。形状変更、ウレタン処理しているので、これはこれで・・・。

ちょっと休憩だね

スタイリッシュ部門。カウルと一体感のあるデザインでGP500を彷彿とするようなこのデザイン。

荷物がないときはコレ

変わり種では、こちら。シートバック専用ベース。リアシートを思い切り加工した一品。シート面積が狭くて安定が悪かった欠点を補い、長距離移動もらくらく。

デジイチ御用達

どうですか。バイク1台に4パターン(バラで組み合わせればもっとw)のスタイルがその日の気分で選べます。サンダーバード2号のような万能選手。

羨ましいだろぉ~?(笑

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ななせ より:

    弁当箱専用ベースいいなぁ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)