ホームコースの必要性

イメージですw

ボクは長らくホームコース(以下ホーム)は必要ないと思ってきました。特に(例えば)○○峠の往復なんて論外でありました。なんで嫌いなんだろう?と考えた時になんか(傍から見て)バカみたいに見えないかって思いました。そりゃ、何度も走るのだから、コーナーのRも路面の状態もバッチリ把握できるでしょう。でも、公道ですよ。サーキットと違ってレコードタイムもないので、速いか遅いかなんて感覚の問題でしょ。有名な峠だとギャラリーも多くて賑わうんでしょうけど、そういうところって事故も多いし、変な話K察もよく来るでしょ? そーゆーのイヤなんす。

このところ、バイクをよく仕様変更することが多くて、その違いを知るために走るわけですけど、それがその時々で違う道を走るとその違いもよくわからないわけですよ。それに今更ながら気づいたんです。こういう時にこそホームが必要なんだってね。

公道の面白さって、絶対スピードじゃなく、なんていうか推理合戦。どれくらい曲がっているのか? 路面はどうなのか?対向車は?このラインでいけるのか? ザ・道vsオレみたいな。だから、知らない道のほうがワクワクする。あーだから、○○峠の往復は嫌なんだな。

そんなこんなで、ボクのホームは1周170kmです。(笑

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム