ER-6nのタンデム最適化を考える

まだ1度だけですが、タンデムお遍路で気になった項目。それは・・・

案外、ER-6nはタンデム向きじゃない

ということです。w
何が向いてないかって、小物いれスペースがないことやヘルメットホルダーの使いづらさ、タンデムグリップの不適切等々。不満がありますねー。

すぐにトップボックスとつけようと思ったわけですが、ヘルメット2個収納できるボックスで検索すると結構安い。現実味を帯びてきます。しかし、そのためにはキャリアを取り付けなければなりません。これは、発売しているところがかなり限られて、しかもボックスの数倍の価格。何度も言いますが、ERさんはボクのバイクじゃない。ww

Error: Suspended

最悪なんとかキャリアを自作して、トップボックスを搭載したと仮定します。これを実際に乗る嫁さんに説明するととんでもない答えが帰ってきました。

乗れない・・・

そう、またげないのです。今までは、ボクが乗って支えて、かつ車高を落としておき、タンデムステップに足をかけてまさによじ登るようにして乗ってました。だから、その後ろに巨大なボックスがつくとまるで乗れそうにないことが発覚。まさに机上の空論と化したのでございます。

純正はこうなっております

もう一つ気になるのは、わりとタンデムグリップが使いづらそうってこと。

スタイル優先なんでしょうね

見て分かる通り、かなり握りにくいのです。彼女のケツ・・・ヒップが巨大なのではなくて、ボクが乗ってもそうなります。このERさんは初代ですが、2代目以降はグリップが横に移動しています。

こんな感じ

グリップの先端にヒビが入る不具合もあったのでしょうが、見直されましたね。このようにこのままじゃわりと使いづらいんっす。 :cry:

よーし、ボクが使いやすいタンデムグリップを作ったろうじゃんか!

つづく

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. なのなの より:

    珍プロジェクト・・・・ いや、新プロジェクト始動ですね。

    後ろに人を乗せるより、載せられる方が多かったですけど ^^;
    シートグリップって、メインスタンドや引き起こしくらいしか考えられてないので、後ろに乗った人のことは考えて無さそうです。
    前の人にしっかりしがみつけばいいというけれど、本当にしがみつくと動けません。
    ある程度運転者の動きを妨げないi程度で、自分の腕の輪っかの中に運転者がいる感じ。
    バイクに垂直な基本的なリーンウィズの体勢で。

    今までで一番悲惨なタンデムは、シングルシート仕様にシート交換したバイクの後ろ…
    滑るったらありゃしない ><
    タンデムステップがあったのでなんとか ^^;

    • Masayan より:

      年中なんか作ってる感がありますね。 :lol:

      昔のバイクってちゃんとそこら辺のことを考えていたような気がします。今は・・・飾りっぽいですよね。orz

      前の人にしっかりしがみつけばいいというけれど、本当にしがみつくと動けません。

      わかってらっしゃる。その通り。あれは抱きついてはいけません。異常なまでに運転手は疲れます。

      ボクもTRXには乗せようと思わないっす。 8)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)