キャリパーセンターの問題

実は前に青MOSに換装したときから、フロントのブレーキキャリパーはセンターが出ていません。いや、ウェーブディスクに交換してからか? あれってディスク厚が1mm太いんですよね。ということは、純正ディスクとオフセットがどうなるのか?なんて考えてたら夜も眠れません。w

とにかく、金MOSにして再測定したら、右はほぼほぼいいのですが、左が0.5mmほどしかクリアランスがない。さすがに熱で歪んでキャリパーと衝突なんかされた日にゃ、このブログの更新も終了しちまうのでなんとかしなければなりません。

しかし、大問題なことにシム調整ができんとです。シムを入れると悪い方向に動くのです。そう、ボトムケースか、キャリパー自体か、ホイールを削るしかない方向なんです。で、放置してたと・・・。(殴 お恥ずかしい。 :oops:

しかし、またもや気づいてしまってはしょうがない。(しょうがないのか?) でもどうするか? オイルストーンで研磨するような大雑把な問題ではない。精度が要求されるのであるからして・・・どうすれば・・・。

答えは現場にある。観察しまくった結果、アクスルシャフトを締め込むと悪い方向へ動くことを発見。確かに締める前は、スピードメーターギアの間に1mmほど隙間が見える。ここをシムで埋めれば、事態はいい方向へ動きそうだ。

外径30mm程度内径17mmの1mmちょっとの肉厚のシムはないものか? 確かに探せばちゃんと売ってるのですが、待てない。(子供か!) こんな時は手持ちの丸棒でご家庭にある旋盤で作っちゃいましょう。

いつだったか、買っておいたドリルチャックとセンタードリルが役立ちます。

買っててよかった

今まではなんとVブロックで固定して、エイヤーとボール盤で明けていました。なので死ぬほど偏心します。シムなので、多少は偏心しても問題はないとは思いますが、流石にね。w

ぐりぐり~

おおー、楽だ。少し厚めに突っ切って、オイルストーンで微調整。最終的に1.3mm程度となりました。

すりすり

これだけのことですが、なにか?w

ほぼいいかなぁ・・・くらいにはなりました。そして、副作用としてフロントフォークがもっとスムーズに動くことも期待しつつ締めくくりたいと思います。 :wink:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. フク より:

    ブレンボ買えばいいんじゃなイカ?

  2. いのっち より:

    で、乗らないの?(*・ω・)ノ

    • Masayan より:

      の、乗りますとも!(汗

      でも、ここ数週間日曜日の天気が悪いじゃないですか。15日も雨予報だし。orz
      なかなかうまくいかないものですねー。 :sad:

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)