人生はリベンジで出来ている

・・・とボクは思う。何をしても完璧はない。何かをやり残している。それを克服するために次がある。リベンジこそが明日を生きる原動力。 :wink:

テーマは大きく、内容は乏しく。MMRTのモットーであります。(殴

GWのツーリングでトラブルにより最終目的地にたどり着けなかった汚名を晴らすため、はたまた前回いつ訪れたかわからない砂丘を見るため、出発。ERの敵は自転車で・・・と訳のわからん理由ですが、因幡自転車道という鳥取砂丘~河原町ルートに乗っかって制覇してみたい。

ガソリンを補給して出発したのが7時頃。鳥取は高速に乗っても下道でも岡山からなら大差ない。なので、下道。ざっと9時半に河原城に到着。まぁこれはなんとなく。だって、このお城はふるさと再生事業の1億円で築城した展望台ですから・・・。でも、なかなかの出来でしたよ。(天守登らず・・・)

最近お城づいてます

河原の駐車場にクルマを停めて、早速用意。今日は片道20km程度なんでハードではないと思われます。・・・が、どうでしょう?w

出発して少し走ると「因幡自転車道」の標識あり。この後標識がなく、迷い迷い走る。スマホのナビを見つつ進むとまた標識あり。やたらとジグザグと案内される。そして、ここも草ボーボー。それから、似たような道が多く、迷い込みやすい。広島みたいにブルーラインを引いて整備してくれたらいいのに・・・。(100歩譲って草はいいからw)

所々に標識がある

基本的に千代川に沿って海に向かう。鳥取市って川が多いのね。しかも、土手は車両通行止めで歩行者自転車優先。車道と分断されているから走りやすい。(けど迷いやすいw)

ノー整備

千代川と田んぼと・・・

砂丘近し

行きは向かい風でかなりやられた感がある。R9を越えると住宅街の中を縫うようなルートに変貌。途中つづら折れの道があるが、勾配は大したことはない。こどもの国の横を抜けて県265とぶつかるところが自転車道の起点のようだ。ここから、砂の美術館に移動。砂丘らしさを味わう。満車だったが、自転車だから問題なし。

砂丘あたりの記憶が曖昧・・・

砂の美術品は感動モノ。裏の土台をちょっと触ってみたけどカチカチで、これが砂と水のみで出来ているとか信じられません。スケールもでかく、これ一体どれほどの製作時間がかかるのだろうか?と思うと夜も寝られないでしょう。w ここは行く価値あり。

すげーですよ

砂丘は眺めるだけで結構。あの山まで!とか言って死にそうになった気がするから・・・。(苦笑)

12時を回っていたのでメシ屋を諦め、鳥取駅付近に移動するため出発。運動会をしている小学校そばのコンビニで燃料補給。現金なもので腹がいっぱいになると元気が出るような気がします。それほど、スピードアップするわけでもないのにね。

市内も歩道があり走りやすい方だが、路肩も広いので途中から路肩走行に変更。随分楽になった。途中お祭りに遭遇。

自転車ならではの遭遇

この時期にお祭りとか珍しくないですか?

駅前到着。目的地はすなば珈琲。 :)

店は思ったほど大きくないww

しかし、満席客待ちで諦める。こういうのがまた次回につながったりするんだよね。(無限ループかっ!)

駅は、千代川から大きく逸れていたらしく、戻るのに時間がかかった。この後、クルマで浦富海岸に行こうとか言うので急いで戻ったが、16時。アベレージを上げればもちょっと楽になるんだがなぁ。

R9無料区間がクルマのナビになく、ナビは右往左往。人間も右往左往しそうになったが、気づいて離脱して助かった。

浦富海岸とか近いけど来たことなかったような気がする。近くにまだまだ行けるところっていっぱいあるよね。でも、鴨ケ磯なんてバイクで来てたら絶対に下に降りないよね。

いいねぇ

プライベートビーチ感が半端ない

降りてよかったす

走行時間: 2:59.18
走行距離: 48.8km
平均速度: 16.3km/h
最高速度: 33.2km/h
消費カロリー: 551kcal
CO2削減量: 7.32kg
積算距離: 298+176(タイヤ交換前)km

高低差がなく走りやすいが迷いやすい。砂丘側から始めると目的地が河原城のみになるのでお得感がない・・・というのが感想かな?(殴

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)

プロビロナム