SUPER SPORTS3 整備

昨年嫁さんに買ったSUPER SPORTS3の整備をしました。約1年経ちましたな。ハブの状態とか気になります。

なかなかやろうやろうと思っても、まだいいか~となってしまうハブ分解・調整。車輪を外して、クルリンと回すとゴリゴリ感が・・・。これを確認してしまうとやらずにいられませんな。

まず、整備はスタンドから。(笑)
先日のメンテナンススタンド プロに載せて確認。BB下に変速ワイヤーが2本通っていてこのままでは不味いです。ベルトサンダーで当たる部分を削り込みます。かなり彫り込まないといけません。

やっとセットできました。

ぱいるだーおん!

コヤツも変速不良らしいので調整。やっと大体わかってきました。ワイヤーってかなり伸びますね。これを調整すればほぼ直ります。

むむむ・・・

Fハブ分解。
新車のままなんで期待していませんでしたが、わりと(グリスの)量は入っていました。しかし、嫌いなネバネバ系・・・。あと加工精度が悪くて、返りが多く、ウエスで拭き取ると繊維が絡まります。洗浄後リューターでカリカリ・・・。無印ハブはボクのシマノ製と比べるとイマイチ感がありますね。あと両側にダストシール的なものがついているんですが、かなりフリクションがありそう。でも、外すと難あり(ダスト、水が入る)そうで外せない。

Rハブ分解。
衝撃的だったのはカセットスプロケットがボスフリーだったこと。カセットフリーだとばかり思っていたもので・・・。走行すればするほどカセットは締まる方向なものですから、緩まない緩まない。インパクトで緩めましたよ。ハブの状態はフロントより良好。でも、ネバネバ系・・・。いつかはカセットフリーにしたいものですが、互換性はないので難しそうですな。

チェーンも洗浄したし、これで当面大丈夫と。あとはMOABさんだな。 :lol:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする