1年ぶりの復帰戦

かれこれ夫婦でサイクリングを約1年してませんでした。諸事情のためですが、ここらで嫁さんにも復帰してもらわないと2度と乗らなくなりそうなので、計画しました。(前日にw) 玉野までクルマで運んでフェリーに乗って高松コースにしようかと思いましたが、前日犬島で船に乗ったばかりなので、ここは児島・鷲羽山ルートにして最後のスタンプをもらいに行こうかということになりましてん。ww

いつも行っていたので時間が読めます。出発8時。遅くても10時には到着できるだろうと。そしたら、店も空いているだろうという魂胆。

茶屋町の鬼

乗り出してわかったのは1年のブランク。遅い。いや、これはボクが進化したのか?www

今日は鷲羽山まで行きまつよ

相変わらずマイペースで興味があるモノをすぐに撮影しだすので時間がかかります。いや、キミここ2度目ですよ?!www

これっす

一部走っていなかった部分を走って、児島に到着。ジーンズストリートを通過s・・・、なに?ここまで来たらマンホールカード? いや、意味がわかりませんが・・・。

中の天井ってこんなだったのか

児島公民館イン。

言うほど青くもない

で、青いアイスクリームをば。
味は普通で、普通に美味しい。

看板犬「しろくん」

前回入れなかった風の道始発点 元「児島駅」に潜入。ここから鷲羽山へ向かいます。しかし、主要幹線道路2本に風の道は遮られ、迂回を余儀なくされます。その区間の誘導表示はなく、少々不親切であります。風の道はその工程の半分くらいが未舗装で、その部分もなんだかなぁと思います。ボクはMTBなんでそこそこ走れますが、ロードの人はツラいでしょう。特に鷲羽山から下津井駅区間。ここは未舗装で荒れ放題となっています。

内部

いくぜい!

競艇場が見えてきた時にしまった!と思いました。ここからはコンビニがないはずです。この時昼前。食いっぱぐれ確定。

未舗装荒れ放題区間をエスケープして路地に入りましたら、すごいことすごいこと。標識は車は通れませんになってました。自転車ならイケるだろうと思ったのですが、道幅ではなくその勾配。下り45度くらいあるとかという感じ。いくら腰を引いても前に出てくるわ、リアブレーキは離せないけどそれでもスピードが乗るわ・・・。フロントかけたら前転しそうでした・・・。

出たのはちょうどよくむかし下津井回船問屋の近く。そこにスタンプがあるのです。

こんなカオスなところを抜けていきます

瀬戸大橋のたもとで、映画のモデルになった神社に行きます。田土浦坐神社という読めないところ。w

この石段ですな

なんせ映画は見てないのでわかりませんが(殴)、あとで見たらおおー!となるんでしょうな、きっと。(蹴

この公園は知らんかったな

そして、鷲羽山に登ります。なせ登るかといえばそこに山があるからではなく、最後のスタンプがあるから。

orz

ここも「丘」だし。orz

前回死にそうだったんですけど、今日はそうでもありませんでした。やっぱ、トレーニングの効果ですかね?

嫁さんがもう限界近くビジターセンターの道端でへたり込む。w むぅ復帰戦にはハードだったか。ボクの距離感が麻痺しているのか?

なんとか最後のスタンプをゲットして、出発しようとしたらZ1fが高温でバッテリーが異常消耗。ログは失いたくないのでモバイルバッテリーを繋いで背中のバッグにしまい込む。相変わらずのサイコン&アプリ難民だな。

ここから競艇場までは下りなので楽。そこから児島の街を抜け、由加山へ。嫁さんは全行程「押し」だろうけど、1本山越えしなくては自宅に帰れないのでしょうがない。街中でも止まってスイーツを買い始める安定ぶりなので大丈夫でしょう。かくいうボクも結構脚にきていて、途中でへばったし。頂上にMOABを置いて嫁さんをレスキューに行く。自転車を代わりに押して歩くが、ボクもしんどい。この歳になってこんなことを始めるとか思わんかったわ。www

由加山を下ってもうダメそうなので、一足先に帰って軽トラを取ってくることにした。ひたすら漕いだが、戻ってくるまでに約1時間かかった。死にそう。

よく走りました

もしかして最長距離なのか? 復帰戦とは呼べない内容・・・。(すんまそん)
よりディープな児島を満喫した1日でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)