70ヴォクシーのフォグランプを交換してみる

出目金w

ZRR70に社外フォグランプをつけてみる

生まれて初めて新車で購入した70ヴォクシーでしたが、フォグランプが付くスペースにフタがしてあってそれがかっこ悪いので、たまたま在庫であったプロジェクターもどきのフォグを付けたのが、もう7年前。しかし、光軸は出ないようなレンズで対向車も眩しかろうと点灯したのは、岡山国際に通う道すがらのみ。w だんだん、見すぼらしくなってきたので交換しちゃいたい。

純正フォグにすれば非常にカンタンなんだけど、お高いのとありきたりなのでね。あと樹脂製というのが拡張性にかける。また、70ヴォクシーのフォグは2種類あって煌系だと径が大きいのだけど、うちのような下位グレードは小さいのであまりカッコよろしくないのよねー。

で、今一度観察。

外すとこうなる

穴部自体はΦ90なので、90mmのフォグを検討していたのですが、どうも取り付けるブラケットを加工する絵が想像できない。メーカーサイトを眺めているとΦ75があるじゃないですか。これなら現行フォグより一回り大きいほどで純正BKT(フタ)を改造できそう。

年末にMR75Gを注文。なぜにIPFかというとPIAAより仕切りが安いから。w

なんとういう荷姿

こんな姿でやってきます。ランプベゼルから作る前提のユニットなのでこんなのでしょう。

カプラー付orz

あとネットでも寸法情報が乏しく、一か八かの注文となったので、後々の人のために寸法を・・・。あそうそう、バルブはH11なんですが、カプラー(配線付)は付属しています。知らないから用意しちゃったよー。(涙

こんな具合

これもネットからの先人の知恵をお借りして、塩ビパイプVUDT75で改造する。まず、両端カット。(センター部はゴミ) ただ、マウントが外向きなので若干オフセットさせるのをどうするかだ。

300数十円です

カットね

まず、蓋部にΦ75フォグが入るように穴拡大。

穴拡大が一番手間

エイヤーとΦ9の穴を側面に明け、フォグ挿入。上のステー部分は逃げが必要ですけど。

こうなって・・・

蓋部にあてがい、オフセット量を計算。7mmくらいかな?パイプを削って斜めカット。

入ってホッとするw

文字で書くと非常に簡単ですが、コレをほぼベルトサンダーでやっていたので、粉だらけ。カイカイも嫌ですが、樹脂の粉も難儀しますね。

接続部を均して接着に備える。昔じゃ接着で取付なんて考えられなかったけどねぇ。

くっつけ~ww

いや、ステーで補強入れますけどね。思いの外よく接着しているので下側だけ。これでも、車輌から脱落することはないでしょう。

脱落防止

どう? ライトの出代が若干違いますが、そこまで見る人もいないでしょうし。

うん、前よりいい

これであと10年乗れる! :mrgreen:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:x :wink: :twisted: :shock: :sad: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :cheesy: :arrow-u: :arrow-l: :arrow-d: :D :?: :) :!: 8)