ダイレクトイグニッション化の検証

先日の件の対策を考えてみた。3つほど案が浮かんだ。

  1. 再再度、ステーを溶接し、純正コイルで乗り続ける
  2. 宿願のウオタニを手に入れる
  3. ダイレクトイグニッション化(以下DI化)して、純正コイルとおさらばする

なかなか溶接が難しいが、1番が妥当かなと思った。しかし、数年後にまたステーが折れるのは必至。きっと折れる。必ず折れる。もれなく折れる。w

くそー、ウオタニか。それでもコイルはつけなくてはならない。簡単に設置できるという話は聞かない。同じステーを使えば、きっと折れる・・・(ry

ぴこん!

3番だ。コイルがなくなればステーは折れない。(勝った・・・ww

情報は乏しいが、TRX850でDI化している人はいた。果たして、何を流用すべきか・・・。

ははん!

ボクにはERがある!www
クラッチレバーも流用できたし、今回も・・・。

調べるとヤマハ以外はデンソー製のようだ。寸法も似たり寄ったり。前回の採寸が役に立った。DIは某オクとしても、配線まで用意できないかもしれない。ネットで現在入手できないものはない。カプラーは買おう。で、ホントに使えるか試してから落とすんだ!(悪

入手!

昇圧効果(といってもバッテリー電圧だが)も狙ってリレーをつける。最近のリレーは小さいからねぇ。

日曜日決行。
ERからDIを外す。かなり面倒。エアクリーナーBOXを外さなければならない。採寸したときも外したんだろうな、覚えていない。

めんどくさいわー

キテますなぁ

TRXもバラバラ。リレーを組んで配線を引く。純正タッチで攻めた。コイルの箇所は仮配線で望む。かかりが悪いのはいつものことなんだ。これ、点火と関係ないんだな?

配線中

リレーもつけて・・・

かなり飛び出す

ご機嫌悪いがかかった。少し暖気すると900rpmくらいでアイドリングする。純正コイルだとエンストしている回転数だ。なめらかな吹け上がりも今までにない。純正コイルはもっと荒々しい感じなんだよね。これで走ってみたいねぇ。

安定してます

もうすっかりDI化を決めて、純正コイルを外してみたら・・・

こっちもかー!

右も前側根本からポキっとな・・・。これは溶接できん、フレーム単体じゃないと・・・・。orz

さて、入札しなくちゃね。(殴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする