これはもうスベリ芸

すべり芸

【読み方:すべりげい、分類:概念】

すべり芸は、一発芸や一発ギャグ、トークなどで、その場を微妙な空気(雰囲気)にしてしまう芸のことをいいます。

最近のお出かけはほぼスベリ芸。行きたくて行きたくて・・・ではなく、どっか行きたいなー、でもどこ行こうかなぁ?と脱力感半端なく、ほとんど調べずに出かけるのでスベる確率多し。

先週ちょっと仕事でストレスが多かったので、やってられんとどっか行きたい病を発症。しかし、毎度ながら行きたいところはない。ボクは単に知らない土地へ気が済むまでクルマなりバイクなりで移動するのがストレス発散になる奇病らしい。「うだつの町並み」を見たことがないのでコレ見に行くと要望すると、嫁さんが自分の趣味趣向だけで目的地を検索するシステムだ。しかも、その方位磁石はやや狂っているので、周辺でない場合も多々ある。w

今回のワードは、「うだつの町並み」「虹の滝」「メタセコイア」「獄山」とちりばめられたマンホールたち。ww

まずはマンホールを収集して・・・

大正時代の建築物

文化ホール

メタセコイアの森・太古の森へ。

リンク先の画像でいうと真ん中の浮き橋を渡るのですが・・・・

渇水なのか?

干からびております。

好きなんですw

突然恐竜に襲われますた。w かならず、口を開けていると食われたいようです。

で、メタセコイアは見事に落葉して丸坊主でした・・・。 :lol:

次、獄山。
事前に鎖伝いに登るという情報は得ていたので、トレッキングシューズは持参。

204mですが、なにか?

えっと、ボク高所恐怖症なんですけど・・・。

中腹以降鎖です

天空の鳥居2?

素晴らしい眺め。尾根伝いに先まで行けるのですが、怖くて行けず。ww

獄山山頂にて

怖いわ!

下りはもっとしんどかったですわ。

空港が近いらしい

虹の滝。陽光に水煙が映えて七彩の虹を現すので「虹の滝」と呼ばれるらしいですが、もうやる気もなにもないキャンプ場の奥に雌滝はありました。なに、ここに来たかったわけ?と聞きましたとも。www

雌滝

しかし、雄滝は見つからず。

うだつへ移動。

空いてていいわw

井戸跡

壁補修多し

傘なんかも

いい感じですね。ボク的に勝山と並ぶなぁ。

津田に移動で、執念を燃やす嫁さん。雄滝情報をゲット。寄り道だけど回る。見ておけばもう1回くることはないから。(苦笑)

雄滝げと

津田、志度方面を回って帰宅。移動欲は満たされた。 :mrgreen:

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする