スカイツアー、リベンジ!

本四高速(本州四国連絡高速道路株式会社)のイベント「瀬戸大橋スカイツアー」をご存知でしょうか? 「瀬戸大橋スカイツアー」...

台風の影響で、せっかく当選したスカイツアーにはいけませんでした。もう当選は難しいだろうなぁと思ってたのですが、制度が変わり先着順に。これなら行ける!と申し込んだわけで・・・。

瀬戸大橋スカイツアー

今回から、瀬戸大橋の建設工事や維持管理に携わった専用ガイドが、ガイド本人の実体験に基づき、瀬戸大橋の建設技術や歴史、苦労話などについて、臨場感溢れる説明を行います。一般の方が普段立ち入ることができないJR瀬戸大橋線の車輌が間近で見られる管理用通路や海面から175mの高さにある瀬戸大橋の塔頂にご案内いたします。

という内容なのであります。

快晴の恵まれた11月10日。与島へGO!

午前の部でしたが、参加者20人、4班5人で行動となります。支給される各装備をし、安全のための説明を聞いたら出発。アンカレッジまでの道中も細かい説明がありますが、支給品のイヤフォンのおかげで聞こえないということもなく快適。アンカレッジから一般人が踏み込めないエリアに入ります。

やっとこの日が!w

アンカレッジに突入

作業用エレベーターに10人ずつ乗り込み、35M上昇。瀬戸大橋線の真横を歩いて橋脚まで移動します。

ラック&ピニオン式エレベーター

将来新幹線敷設予定地は将来活用されるのでしょうか?

ここを通る予定とな

下は網

鉄道区間や電力、通信配管がありますが、それは各々の会社が管理するらしく、立ち入ることもできないとのこと。塗装を塗り直した部分と錆びた部分がはっきりしてます。お役所ですなぁ。

はっきりしてますなぁ

萌えポイントww

高速道路目線

橋脚部もエレベーターで登って、最後はかなり狭い区間を急勾配の階段で175Mの頂へ。快晴で風も強くない日だったので、見晴らしも最高。児島から坂出までの360度パノラマは圧巻でしたよ。

カタログ的視界

反対側は坂出方面

快晴で気持ちいい

ざっくり2時間。なかなか体験できない時間でした。あまり詳しく考えたこともない大型建造物には並大抵ではない苦労があったんだろうなぁと思ったのでした。

次はリベンジ「一鶴」だな。www

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする