お助けマン2号

えー、懸案事項であるリアタイヤ一人で余裕交換大作戦として前回キャリパーキーパーを作ってみたのですが、実際にはほんの気休め的な助けでしかないことが発覚。練習とかは、彼が苦労すればすむことですが、レース当日にボクまで困るのは困る。w

自分のバイクでそんなに困るかな?と考えたとき、そんなに苦労していないことに気づく。ぶっちゃけ、キャリパーを外すと簡単なわけだが、R6でそんなことをするのかはわからない。なので、座り込んで両足でタイヤを保持するのを軽減もしくはなくせばかなり負担は減るはず。

ちゃらちゃらーーん

うーん、みすぼらしいw

MMRT Quick Wheel Changer System。別名合板スロープ。ww

ボクが最初に作ったのはただの下駄。よって、タイヤの減りによる外形変化に対応できないので、よく装着後に抜けなくなっていた。(まぁっスタンドを外せばいいのだが・・・負けた感が強い・・・)

うまくいってね

そこで、スロープだ。しかし、使っているリアスタンドによってハイトが変わるので汎用性はない。(ここ、悔しいポイント)

まだ使用していないが、大活躍してくれることを大いに期待している。(ちなみに荷姿が大きいので送る予定はないよwww)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする