ご新規さん、ご来店

ようこそ、MMRT Factoryへ。w
別に商売はしてない慈善事業の団体?です。

タイヤ交換をお安くすませたいという社長のお知り合い。いいですよ、お助けしましょう。タイヤを送りつけてください。ww

かくいう社長はいつもの虫が騒ぎ出し、ERさんからこれに乗り換えた。

かっこいいねぇ

最後の空冷、価値出ますよのCB1100RS。いつもいう終のバイクらしい。www

で、タイヤ交換することになったバイクはこれ。

ご新規Boltさん

BOLT。MMRT初のローライダー(っていうの?)。リアは真ん中だけ減って倒すのが怖い感じ。フロントは減ってないが、もうオゾンクラックでやばい感じ。タイヤサイズは・・・

結構サイズない

19&16インチ。これまた初サイズ。そして、これも初のベルトドライブ。初物尽くし。

フリクションがなくていいねぇ

ネットで調べて各ボルトのトルクは調べておいた。あとはどうやってフロントリアを浮かせるか? チェーンブロックとスリングベルトでなんとかなろい!

実際にハンドルに掛けるとフックに届かない。下から低床ジャッキーで(ちなみに低床じゃないと入らない低さ!)車体を上げてなんとかなった。

天吊の刑じゃーw

ビードもすぐに落ちて、交換もスムーズにサクサク進む。50分ほどで作業完了。(バランス取るのを忘れていたが・・・)

こんなに苦労するとは!

リアにかかる。
これがタイヤが硬くてビードは落ちたが、沈まない。普通サイズのタイヤレバーでは歯が立たなくなったところで、ベルト張り用のトラック用タイヤレバーでなんとか外せた。ホイールからタイヤを引き剥がすのにまた苦労して、小休憩。最後はハンマーでビードに衝撃を加えてなんとか外した。もう、途中ハズれないんじゃないかと途方に暮れたね。1人だったら到底できないし、もう頭を抱えてたに違いない。

新品タイヤに取り掛かるが、これも固くてボクくらいの体重ではタイヤをホイールに落とし込めない。なので、ビードブレーカーで押さえつけて、ちまちまと嵌めていく。が最後の1/3くらいはどうにもならない。トラック用だと先がでかすぎて差し込めないし、普通サイズはバーが短すぎて返せない。パイプで長くして力を込めるとタイヤレバーが曲がっていくのがわかった。(どんだけ硬いんじゃ)

3人に途中で止めてバイク屋に持っていったらと・・・いう考えが浮かんだ(はず)だが、なんとか、本当になんとか装着完了したときはもう16インチは交換すまいと全員思ったに違いない。www

またフロント外してバランス取りは余計だったけど、ミッションコンプリート!

16インチは交換に3人必要!

という格言を残した初秋だった・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. タカシ より:

    お疲れ様でした。
    帰りに鷲羽山で借りて乗ったけど、めっちゃ快適。人のバイクのステップ擦ってモタ。
    ごめんなさい
    今度はホーネット900のフロントフォーク油漏れ修理はどう?
    見積り¥27000だと

    • Masayan より:

      お疲れお疲れ。
      快適でしたか。そりゃよかった。自動車のタイヤみたいに真四角だったもんねぇ・・・。

      今度はホーネット900のフロントフォーク油漏れ修理はどう?

      どうって言われても、その価格が妥当なのか?高いのかさえわからない。w
      フォークオイルとシール代は必須だし、工具も作ったりしなきゃダメかもね。所有者の人がソイツ(つまりボク)を信用できるかどうか?じゃない?? 8)

      • タカシ より:

        すまん。軽いジョークじゃ。
        でも見積もりはホント。(大手中古車販売店)
        とりあえずダストシール外して耐水ペーパーかけてみるらしい。

        • Masayan より:

          社長ったらお茶目なんだかだーwww

          金額は安い気もするし、高い気もするし。わからんね。

          とりあえずダストシール外して耐水ペーパーかけてみるらしい

          大胆な直し方ですな。それで止まったら教えて下さい。 8)