[新]サインボードの作り方 (組立編 その1)

設計図(笑)に沿って、塩ビ管を切り出します。

設計図大事w

切断方法も考えましたが、鋸です。紙を巻いてなるべく直角に切る努力をします。w

こんな感じになる予定です。

ざっくりイメージ

ヒシボンドを塗り塗りして組み立てますが、チーズ、エルボ共に約25mmほどの差し込み代があるので、予め塩ビ管にマスキングテープで印をつけておきました。

が、なかなか奥まで入らないところもあり、寸法バッチリとはいきません。22、23mmくらいで設定したほうがいいのかもしれませんね。まぁ、少し歪んでいたとしてもストレートスピードで一瞬確認するだけのライダーに何がわかるというのでしょう。(開き直り)

フレームの組立はさほど時間はかかりませんでした。

うまくはいかない

プラダンをこのフレームに合わせてベースをカッターで切り抜きます。

そして、1番の難関セグメントの切り出しです。カッティングシートの寸法もあるのでよく考えます。幅広に取るか、縦長にとるか?とかね。ボクは縦長を選択しました。

前回はこちら。 さて、製作 ジグソーパズルのフレームの中に入っている補強用型紙が役に立ちます。まず、イメージをスケッチ。...

前にも書きましたが、切り出しは断面のギリギリは狙えません。中心を切りますから、マス目は絶対奇数です。中心にゴム紐が通りますから、幅も自ずと決まります。勝手に○cmとか決めても無理なんですな。で、ボクは5マスにしました。今回、3列表示なので、これくらいかな?と思っただけです。実際に1文字分を実寸法で書いてみるとわかりやすいです。

イメージ大事

目に沿って切るのはカッターで切れるのですが、横方向はたいそう切りにくい。こちらはざっくり切る場合はハサミで、寸法通り切る場合は切断機を使いました。これ、なかなかいいです。

ざっくりざっくり・・

縦セグメントと横セグメントを切り出せたら、斜めカットです。これは適当にハサミでカットしました。ポイントは尖らせること。90度と思ってたら、実際に固定したときにひっくり返せないんです。だからなるべく狭角で切る。

ひたすら切ります。縦セグメントが、4X4(列)X3(行)=48個。横セグメントが、3X4(列)X3(行)=36個。もうひたすらです。へとへとになるので、今回はここまで。

記事が2008年6月なんで、今のサインボードは12年越しのもの。ゴム紐は100均で調達したものらしいので、耐久性が悪くもうノ...
やっとセグメントが切り出せました。設計変更は今のうちです。ベースに穴を開けたら、変更効きませんよー。ボクは、「+」と「点」を表示させたかった...