[新]サインボードの作り方 (組立編 その2)

やっとセグメントが切り出せました。設計変更は今のうちです。ベースに穴を開けたら、変更効きませんよー。ボクは、「+」と「点」を表示させたかったので急遽変更しましたよ。

ボード裏面にセグメント寸法に線を引きます。すべて「8」なら問題ないですが、一部「8」じゃないなら、逆になるから気をつけて。

目がウロウロするw

で、交点にキリでブスッとさして印を入れます。しかし、一番ゴムが多いところは3本(もしくは4本)入るのでキリの寸法では無理だなと思いまして・・・

印つけて・・・

試しに穴あけポンチとドリルで開けてみました。

予行演習大事

穴あけポンチは周辺が割れます。ダメだ。ドリルは返りがでますが、概ね良好。72箇所を穴あけしました。

ドリルはこんな感じ

それからはひたすらセグメントにゴム紐を通してくくるだけ。あまり引っ張ってくくるとひっくり返りにくいので最初に確認しておきましょう。

あーめんどい

裏はこうなる

3日くらいかかりました。(歳を取ると集中力がなくなるため・・・)
途中染Qでゴム紐増産。orz

orz

あとは上部にライダーからわかりやすいようにチーム名を入れました。

ピンクも入れて

裏側にもね。

協力各店ありがとうww

最後は下の角を落としてタイラップで固定するだけ。

完成1

完成 裏

黄色はやはり隠蔽力が弱いです。ゴム紐も透けて見えますし、裏の黒カッティングシートも影響して、若干暗くなります。色選びもよく考えなくてはいけませんね。セグメントの切り出しも少し改良の余地がありそうです。(見栄えにかなり影響があるわー)

今回、金額はあえて書きません。ライダーにプレッシャーが掛かるといけないので。(爆) でも、思ったよりかかりました。ゴム紐が100均じゃないですからねー。でも、耐久性は高そう。(いつまで走るんか?という話ですが・・・)

さあ、新しいサインボードに最速ラップを刻もうではないか!www

記事が2008年6月なんで、今のサインボードは12年越しのもの。ゴム紐は100均で調達したものらしいので、耐久性が悪くもうノ...
設計図(笑)に沿って、塩ビ管を切り出します。 切断方法も考えましたが、鋸です。紙を巻いてなるべく直角に切る努力をします。w ...