他力本願はどうなのか?

極力自分で解決してきたつもりのMasayanです。

黎明期に製作したアンダーカウルが気に入らなくなってきました。よくよく見ると酷いんですよね。特に造形が!w

そしたら作り直そうか!ってことになるじゃないですか。でもね、FRP作業って塗装より面倒なんですよね。特にあのチクチクカイカイ問題は勘弁ならん。じゃあ、社外品でということになるともうクレーバーウルフ一択。(個人の好みです) リアサス辺りまで包み込むあの形状が好き。とことんレーシーなものが好きなんですよねぇ・・・。

でも、お高い。しかも、装着してる人もそこそこいるし。他にないのかな?と検索してみる。

TRX850 bellypan

世界中からいろいろ出てきます。検索はアンダーカウルじゃないのがミソです。ww

LR244/2 リカンビワイス ベリーパン ヤマハTRX850

純正のパクリっぽいんだけど、特筆すべきは価格。49.99ユーロです。6,476円(2021年8月28日現在)なんてありえない! 確実に自作よりも安いです。心揺さぶられました。(ただし、固定金具はなし)

必死に購入を考えますが、この会社はユーロ圏しか配送してくれないのですよ。レジスター登録できない。となると個人輸入。輸入代行業者2社に見積り依頼してみました。(無料です)

結果、微妙に高いです。クレーバーウルフまでではありませんが・・・。見積は100サイズで運賃を見積もっているため、超過する可能性大。外装品じゃなかったらありかもしれませんなぁ。orz

じゃあ、作るかという話はありかなしか・・・。www

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする