50000kmの代償なのか?

先日、50000kmを走破したTRX850ですが、第6回 朝駆けでだんだんと大きく聞こえる排気音。しかも、ダカダカダk・・・とキレの良い音ではなく、くぐもった感じ。この日は気のせいかな?と思ってましたが、翌日の第7回 朝駆けにははっきりしたものに・・・。

帰ってからヘルメットを脱ぎ、空ぶかししてみるとなんかビビリ音にも聞こえる。マフラー割れたか?と最初思った。実はこの忠男さんは入手した時割れていたのだ。溶接したが、また割れるかもね?と言われていたのだった。しかし、確認すると割れてはいない。

バオン・・・ジャラジャラジャラ

は? エンジン? チェーンの音のようだからカムチェーン? 右側のカムチェーン側で聞くとより大きく聞こえる。

さて、ググる。カムチェーンテンショナーが出てくる。これってオートだよね。ドラムブレーキの調整と一緒でバネで押しているだけか。

これが噂のw

ボルト外して、バネ取って、棒で押してみる。手で押したくらいではびくともしないので、テコの原理で押し込む。かなりやりにくい。

カチッ

1ノッチ動いた。組み直してエンジンかけると静かになった。明らかに静かだ。

ここで思う。これ、テンショナー交換でOKになる問題なのか? 押し込んで動いているスライダー(ダンパー)がすり減っているのでは?と思う。かすかにジャラジャラ音は聞こえるので、どうなんかな?と。ある人に聞くと50000kmはまだいけるんじゃね?ともいうし、わからん。

ボクはどうすれば・・・。とりあえず、テンショナーを交換してみようか。w

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする