SV650のフロントフォーク事始め

寒くて乗れてませんが、なにか?w

ブルーラインで衝撃的にハネたSVですが、巷の反応もサス硬いという評価。やたらバネ替えました・・・みたいな人が多い中、ボクはさすがにメーカーの人もちゃんとテストして世に出したんだろうし、もうちょっと純正でなんとかなるんじゃないの?的な考え。

考えるところあって、フロントフォークキャップを外してみる。

ガレージのある生活サイコー

キャップを緩めおいて、下から支え上からハンドルを吊る。ハンドルがあると邪魔なんですよね。セパハン恋しい。w

0G時

0Gにしてキャップを外すとポンッ!ってな感じで。予想通りプリロード高め。スズキさんはキャップの下にワッシャーがなくていきなりパイプなんですね。

3.2mm

パイプからフォーク上面まで3.2mm。

17.3mm

キャップの深さは、17.3mm。よって、プリロード14.1mm。

約100mm

カラー長は約100mm。

90.5mm

取入出しましたるTRXで使用した例のスラストベアリング入りカラー。長さは、90.5mm。その差、9.5mm。よって、5mmほどプリをかける計算である。ちなみにどちらも41mmのフォークでしたので、カラー径は同じ34mmでした。

34mm

購入前からFフォークはΦ41ってわかってたので、コレを仕込もうかと。ただ長さがわからなかったので迷いましたが、測定あるのみですな。

これでいつものコースに行けば、だいたい分かるんじゃないかと・・・。ちな、リアは標準3段から最弱1段に落としました。楽しみですな。

※ 走る前からいじり過ぎも良くないんだが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする