SV650のリアサス問題 [準備編]

物事は勢いが大切ですよね。w

先の走行で、フロントは微調整でなんとかなる目処は立ちましたが、リアサスはなかなか手強そうです。最弱1段でも相当に硬いので(乗れないレベルではないが)、もう落としようがない。リプレイスサスがベストだと思うが、金額が問題。そんなに投資できない。でもどうにかしたい。このジレンマ。

スプリング交換ならお安く済みそうだが、ハイパープロしかヒットしない。この「コンスタントライジングレート」がなんとなく気に入らない。なんだバネレートがないって。ストリートユースだからまぁいいちゃいいんだろうけど、なんか納得できずにいる。

まずは測定だ。そうだそうだ!ww

こんなものを手配した。

お安い!

こう使う。

TRXより吊りやすい

カウルを外さなくても吊り下げられてこりゃ便利。

で、リアサスを外してみた。そこそこ面倒。

これが問題児

各部測定。

測りにくし

バネレートを計算してみる。

K(kg/mm) = 10.8の4乗×8102/8×63.2の3乗×5巻 = 10.91631437

あってるのかなぁ?www

色々測定しましたが、測れていないところがあります。スプリングの自由長。こればっかりは、スプリングをはずしてみないとわからない・・・。

で、勢いで材料を用意しておきました。

余り物

あとは、ホームセンターだな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする