Search Regex 日本語ファイル

スポンサーリンク

Search Regexの機能概要

Search Regexプラグインはデータベース内のすべての内容を簡単に置換できるプラグインです。記事内のURLの変更とか画像名の変更とかが簡単に行えます。個人的にはサーバ移動のときに役に立ちました。

Search Regex コントロールパネル

本家サイト:Urban Giraffe » Search Regex Plugin (使用方法のムービーがあります)

Search Regex のインストール方法

  1. 作者サイトからプラグインをDL・解凍して、search-regexフォルダごと wp-content/plugins/ にアップロードします。
  2. あなたのサイトにあったSearch Regex 日本語ファイル(.mo)を search-regex/locale にアップロードします。
  3. プラグインコントロールパネルでSearch Regexを有効化してください。
  4. 管理 » Search Regex から操作します。

注意事項

置換する前に必ずプレビューで確認しましょう。もし何らかのトラブルでデータが壊れても作者も私も責任は負いません。念のため事前にデータベースをバックアップしたほうがよいでしょう。

search-regex/locale に search-regex.po が同梱されていますが、ソースに同期していないようです。ですから、search-regex.po で日本語化しても英語のままのところが多数あることでしょう。

カスタマイズや問題点

最初、実はなぜか日本語に置き換わりませんでした。search-regex/plugin.php の130行目あたり・・・

$mofile = dirname (__FILE__)."/locale/$locale.mo";

となっているためです。これだと、ja.mo とか ja_UTF.mo とかをlocaleフォルダに入れなければなりません。そうするとWP本体の言語ファイル名と同じになります。別に格納場所が違うからいいのですが、私は気になるので下のように変更。

$mofile = dirname (__FILE__)."/locale/search-regex-$locale.mo";

言語ファイル [例]search-regex-ja.mo を locale フォルダにアップロードして完了です。

また、search-regex/view/admin/search.php の41行目あたり・・・

<th><label for="regex">Regex</label>:</th>

を以下のように変更。

<th><label for="regex"><?php _e('Regex', 'search-regex'); ?></label>:</th>

とすると Regex が日本語化されて少し幸せになれるかもしれません。 :cheesy:

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロビロナム